コース紹介

Course夢を実現する3つのコース

  • ラトナディアコース

    2016年4月から、6年制編入コースとしてスタートしたラトナディアコース。1年次には編入生向けの特別授業を実施し、授業進度を速め内部進学者との授業進度を合わせます。2年次からは内部進学者と共に、難関国公立大学や医歯薬学部への進学を目指します。

  • プラウディアコース

    学習習慣を確立し、時間を有効に使って学ぶ姿勢を養います。特に「英・数・国」の3教科に重点をおいて、基礎学力の向上を図ります。また、部活動と勉強との両立を目指しており、さまざまな経験を重ねながら、大学進学を目指します。

  • 英語留学コース

    1年間のカナダ留学をすることは、語学の習得だけにとどまらず、人間としての成長に大きく影響を与える経験です。海外で自立心を養い、バランスのとれた国際感覚と英語で自由に自分を表現する力を身につけ、難関大学への進学を目指すコースです。

ラトナディアコース
6年制編入コース

一人ひとりが持っている才能を磨き、夢の実現を果たします。
1年間の特別授業により、授業進度を速め2年次からは6年制コースの生徒と共に確かな学力と高い応用能力を身につけ、難関国公立大学や医歯薬学部への進学を目指します。

難関国公立大学・医歯薬学部への
進学を目指します。

|ラトナディアコースの特徴|

  • 1 1年間の
    特別授業の実施

    内部進学者と進度が異なるため、7限授業を毎日行うなどの特別カリキュラムを構成することで差を埋めていきます。内部進学者の進度を把握しているステューディアコースの教員が授業に入ることで効率的に進度を速め、2年次からの編入に備えます。また、1クラス20人程度の少人数教育により、授業の効率化と充実化を両立させていきます。

  • 2 アクティブラーニング型
    授業の導入

    2020年に向けて、変化していく入試制度に対応するために能動的な学習を促す授業を展開していきます。従来の学習指導では培われにくい主体性、課題解決力、発信力などの社会的能力をアクティブラーニング型授業の導入により養成します。グループワークやディスカッションなどの協同学習を授業に取り入れ、高度な学力をはぐくみます。

  • 3 ハイレベルな
    グローバル教育の充実

    英語の4技能すべての力を要求される入試改革に備えるため、高度な英語力を養成していきます。日本人教員による授業のほか、ネイティブ教員による英会話の授業を週一回行うことで、確かな英語力を培うと同時に、英語で発信する力も身につけていきます。また、1年次には希望者を対象に海外語学研修を実施します。

  • 4 多彩な学校行事での
    人間形成

    「演劇・音楽・体育」の三部構成で3日間にわたり行われるステューディアフェスタ、ハワイへの修学旅行、越年式、球技大会など自分たちで作り上げる行事が詰まっています。クラス一丸となり、多彩な行事に取り組む中で生徒には協調性、共感性、責任感、グローバルな視野が培われ、将来社会で活躍するための人間性を形成します。

  • 5 実績のある、
    難関大学への進路指導

    大成高等学校では以前より六年一貫教育課程への編入合格制度を導入し、これまでも多数の生徒が編入学し、すでに卒業しています。過去7年間の編入生全卒業生22名のうち、18名が国公立大学に合格し、幅広い分野で活躍しています。こうした確かな実績とそのノウハウを基盤に難関国公立大学への進学を目指していきます。

  • 6 編入生 合格実績
    (平成22~28年度入試)

    〈国公立〉名古屋大学6名/北海道大学1名/横浜国立大学1名/金沢大学1名/愛知教育大学1名/愛知県立大学1名/岐阜大学4名/富山大学1名/静岡大学1名/室蘭工業大学1名
    〈私立〉早稲田大学1名/上智大学1名/東京理科大学5名/中央大学7名/明治大学5名/法政大学3名/同志社大学3名/関西学院大学1名/立命館大学10名/関西大学2名/他多数

|ラトナディアコースの3年間のコースイメージ|

※ステューディアコース(6年制コース)の詳細につきましては大成中学校のホームページをご確認願います。
※ラトナディアコースの1年次から2年次への進学の際に、プラウディアコースに変更することも可能です。

プラウディアコース
普通進学コース

自分が持っている力を信じ誇りを胸に社会に飛び立っていける人になって欲しい。
勉強と部活動の両立を図り、確かな学力と豊かな人間性を身につけ、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

勉強と部活動の両立で、国公立大学・
有名私立大学を目指します。

|プラウディアコースの特徴|

  • 1 基礎学力の徹底

    学習規律を確立し、きめ細かな指導により、中学までに培った学力をさらに高めます。確認テストを定期的に実施することで授業の理解度を測り、生徒ひとりひとりの弱点を把握したうえで補充を行うことで学力をより確かなものにします。個々の習熟度に合わせた学習を進め、朝や夕方の時間なども有効に使うことで大学受験に対応できる学力を養成します。

  • 2 メリハリのある、学校生活

    メリハリのある学校生活を送るため、放課後を「学習日」と「部活動日」に分け、学業をおろそかにすることなく部活動にも励めます。「学習日」には夕方の時間を使い、授業の復習や大学入試に向けた学習を進め、定期考査期間には弱点強化ゼミを実施するなど、実力の定着を図ります。また、部活動ではそれぞれの目標に向けて邁進していきます。

  • 3 豊かな人間性を育む

    日々の学校生活を通して「真剣な授業態度」、「主体的に物事に取り組む姿勢」の育成に重点を置き、幅広い知識と視野を身につけます。また、修学旅行、体育祭、文化祭など多くの学校行事を通して仲間との絆を深め、「協調性」や「責任感」などを養います。3年間を通じ、将来社会で活躍するために豊かな人間性を育んでいきます。

  • 4 無駄の無いカリキュラム

    大学進学という目標達成のために無駄のないカリキュラムが構成されています。1年次から基礎学力を向上させ、3年次には授業後にも補習を実施し、演習を繰り返すことで、自信を持って大学受験に臨むことができます。多様な入試制度を想定したカリキュラムにより、90%以上の生徒が現役で地元有名私立大学を中心に合格しています。

  • 5 少人数クラス編成

    生徒ひとりひとりに目が行き届いた指導ができるよう1クラス30人程度になるようクラス編成をします。授業中の生徒の反応を鋭く察知し授業を進めることで、習熟度のばらつきを無くします。教科の質問は勿論、学校生活に関する相談についても教員が親身になって応えることで、信頼関係を築き、ひとりひとりに適した指導をしていきます。

  • 6 学年ごとの土曜日シフト

    3年生は毎週、2年生は月3回、1年生は隔週で、土曜日に登校し、午前に授業や補習に取り組みます。大学入試における主要科目に重きを置き、平日の授業で学習した内容を中心に熟習し、実力の定着を図ります。また、多様な入試方式を想定し、十分な演習に加えて、小論文の指導も行っていきます。部活動やボランティア活動なども積極的に行っています。

|2年生の時間割の例|

[プラウディアコース(文系)2年生の時間割例]

プラウディアコース(理系)2年生の時間割例]

英語留学コース
Overseas English Proglam

進展する国際社会の中、グローバルな視点や他国の人々と対等に良好な関係を築いてほしい。
1年間のカナダ留学を経て、確かな英語力を身に付け国際社会で活躍できる人材を育てます。

カナダへの1年間の留学で
確かな英語力を身に付け、
難関大学への進学を目指すコースです。

|英語留学コースの特徴|

  • 1 1年間の留学でも
    3年間で卒業

    本校の英語留学コースは、留学期間を1年次の2学期から2年次の1学期と早い時期に設定することで、1年間の留学と進学指導を両立させながらも、3年間での卒業が可能となっています。早い時期に帰国することで、各科目の補習・補充授業を十分に行い、進度の差を埋めることで、生徒は難関大学の入試を想定した受験勉強に取り組むことができます。

  • 2 セカンダリースクールで
    学びます

    日本でいう高校のことを、カナダではセカンダリースクールと呼びます。1校につき2名程度ずつ分かれて留学します。カナダの公立高校では英語を母国語としない生徒がたくさんいます。その対象となる生徒は「ESL:Englishas SecondLanguage」という授業を受けます。カナダの公立高校はこの「ESL」の授業が確立されており、本コースの生徒もこの授業を受けています。

  • 3 異文化を感じる
    ホームステイ

    ホストファミリーと生活を共にすることで、異文化を直接肌で感じ、また、自分の身の周りのことを自分で行うことで、自立心を養うことができます。なお、ホームステイ先は、斡旋団体によって厳正に審査されたご家庭を選んでおります(2通の推薦書があること・衛生環境が整っていることなどの審査項目があります)。

  • 4 留学で身につけた
    英語力をさらに伸ばします

    1年間の留学後には、さまざまなことにチャレンジしていきます。英語検定は準1級を目指します。1期生12人のうち高校2年終了時点で全員が英語検定2級合格程度の実力をつけ、2人が準1級を取得しました。その他、G-TECなどの資格試験、英語のスピーチコンテストにも積極的に参加し、さらなる英語力の伸長を目指します。

  • 5 手厚い指導で
    難関大学を目指します

    少人数制のきめ細かな授業とカリキュラムで確かな学力を育てるとともに、幅広い知識を活かして個々の人間性を高めながら、成長していける学習環境を作ります。またこれまでの大成高校のノウハウを生かして、国公立大学、有名私立大学へ、さらに海外の大学進学もサポートしていきます。生徒一人一人の希望が叶うように手厚く指導していきます。

  • 6 理系大学への進学も
    可能なコース設定

    留学後に理系大学を目指して他コースへの編入も可能です。理系進学の場合は4年間で卒業することになりますが、4年目には授業料負担額の半額に相当する奨学金を支給します。留学で身につけた英語力も生かしながら、理系の難関大学への進学を目指す生徒をサポートしていきます。

|英語留学コースの3年間のコースイメージ|

※1年次の2学期から2年次の1学期まで、コース全員がカナダ・カルガリーへ1年間留学します。
※留学後、理系大学を目指して他コースへの編入(合計4年間で卒業)も可能です。その際、4年目は授業料負担の半額に相当する奨学金を支給します。